音楽用語

音楽用語集 音楽用語辞典

リバーブ

Posted by Arsène

「リバーブ」について、用語の意味などを解説

リバーブ

reverberation(英)

リバーブは「残響」を指す。

リバーブとは、様々な遅延時間を持った多数の反射音(エコー)が合成されて得られる効果。

音に厚みと奥行きを加え、特に音楽には重要な要素であり、ポピュラー・ミュージックなどほとんどのレコーディングで必ずといっていいほど付加される。

また「リバーブ」は、「エコー」と勘違いしやすいが、エコーは山びこ現象であり、リバーブは風呂場などの余韻という様に解釈すると良い。

空間系(反響、残響系)

「リバーブとは」音楽用語としての「リバーブ」の意味などを解説

京都 ホームページ制作